本文へスキップ

富山でクーリングオフといえば「とやま消費者問題対策室」司法書士とやま市民事務所

TEL. 076-467-5525

〒939-2251 富山県富山市下大久保1512番地

トップページ >> 各種消費者被害 >> 在宅ワーク詐欺

在宅ワーク詐欺

在宅ワーク詐欺

「家にいる時間を有効に使って、少しでも家計の足しにしたい…。」

そんな主婦の切実な思いをダシにして儲けようとする在宅ワーク詐欺が横行しています。

よくある手口としては、在宅ワークを始める前に「あとから儲かるから……」と言って、あれも必要、これも必要とパソコンや周辺機器等を買わせます。
また、なかなか合格しない「試験」というものに受かるために教材を買わせたりします。


アフィリエイト詐欺

アフィリエイトとは、自分のブログやホームページ上に企業の商品を紹介して、それを見た人が商品を購入した際にその売上の一部を企業からもらえるというものです。
アフィリエイト詐欺とは、アフィリエイトでより儲けるために、高い教材やソフトを買わせたり、始める前に出資させます。またアフィリエイトを始めるときは「ASP」という、企業とアフィリエイトをつなぐ仲介業者に登録する必要があるのですが、ASP自体が存在しなかったり、高い紹介料を請求してきたりします。

ドロップシッピング詐欺

ドロップシッピングとは、お客さんがあなたのサイトを見て注文すると、メーカーがあなたのサイト名義でお客さんに商品を送るというものです。
ドロップシッピングのほうがアフィリエイトよりも儲けがあるというので最近人気がありますが、在宅ワークやアフィリエイトと同様に、始める前に高い契約料の支払いを要求されたり、ホームページを作るからといって高い金額を要求してきたりします。
アフィリエイト、ドロップシッピングについて言えることですが、本来は低予算で始めれるものなので、始める前に高い金額を請求してくる場合は「これって詐欺じゃない?」と疑ってみることがとても重要です。

在宅ワークについては、コネクションや高度なスキルが要求される決して甘くない仕事です。
かりに仕事があったとしても、すずめの涙ほどしか賃金をもらえないというのが現実です。


バナースペース

司法書士とやま市民事務所

〒939-2251
富山県富山市下大久保1512番地

TEL 076-467-5525
MAIL office@toyama-simin.com