本文へスキップ

富山で相続(スマホ用)の登記パックは全部で報酬63,000円!!

相続放棄SERVICE&PRODUCTS

亡くなられた方が借金を残していた場合、その債務も相続の対象になります。

債務を相続したくない場合には相続放棄をすることを考慮なさってください。

相続放棄の特徴

・裁判所に相続放棄の申述を行なう。

遺産分割協議の場面でも便宜、「相続財産を放棄する」といった表現を使うことがありますが、債務を相続したくない場合には、家庭裁判所に申し立てる必要があります。

・基本的に相続開始後3ヶ月以内に行なう必要がある。

自分が相続人だと知ってから、3ヶ月を経過すると、単純承認をしたものとみなされます。
ただし、3ヶ月経過後に借金が見つかったなどの理由がある場合には、相続放棄できることもありますので、3ヶ月経過していても、あきらめない事が大切です。

・債務のみの相続放棄はできないので、預貯金等の財産も放棄しなければならない。

条文では「相続の放棄をした者は、その相続に関しては、初めから相続人とならなかったものとみなす」となっていますので、相続人ではないのであれば、プラスの財産も、マイナスの財産も相続できない(する必要がない)ことになります。


当事務所では相続放棄に関する書類の作成を行なっております。

加えて、相続放棄を行う前に、その債務が本当に借金なのかを調べてから相続放棄を行なう手続きに入ります。

残念ながら家庭裁判所に直接行って、相続放棄の手続きを行なった場合、裁判所の職員はその債務が本当に債務なのか、過払いではないのかといった情報は教えてくれませんので、少しでも気に係るお客様は一度ご相談いただけますと助けになるかもしれません。

もちろん、相談は無料です。

具体例

@多額の借金だと思っていたが実は過払いだった

サラ金業者等から借りた200万円の借金を残して亡くなられた方の相続放棄をしたいと来所なさったお客様がいらっしゃいました。
契約期間や業者名を聞いたところ、本当に借金が残っているのか疑問に思ったため、相続放棄期間伸長の申立てを行なうとともに、貸金業者に対して、取引履歴の開示を求め、利息制限法に基づく計算をしたところ、債務が残るどころか、2000万円の過払いが発生していたという事案がございました。

A調べてみたら、予想以上に借金が存在した

一方、8社400万円の借金が残っていると思って来所なさったお客様の場合ですが、取引履歴の取り寄せに加えて、信用情報の取り寄せも行なったところ、1400万円の借金が判明したという事案もございます。
その後、次順位相続人も含めてきちんと相続放棄を行ない、相続人の方が借金を相続することはなくなりました。

パソコン用のサイトはこちらへ