任意売却のトップページ

司法書士とやま市民事務所は富山市南部の司法書士事務所です。
当事務所には司法書士が代表を務める不動産会社がありますので、任意売却とその後の債務整理を一貫してお手伝いすることができます。
加えて、任意売却ばかりではなく個人再生の住宅ローン特例を利用したり、可能であるならば親子間、親族間での売買により住宅ローン問題の解決を考えることができます。

相談は無料ですので、手遅れとなる前にぜひご相談ください。

任意売却後に残った借金の対策もお任せください

通常の不動産会社であれば、任意売却が終わって残債務が残ってしまった場合には対応することができませんし、できるとしても知り合いの法律家を紹介することくらいです。
しかし、当事務所では代表が司法書士を兼務しておりますので、任意売却を考える段階から、任意売却後の債務についての処理の方法を考慮した上で手続きを考えますので、お客様にとって一番良い方法で手続きを進めることができます。

任意売却とは

任意売却とは、住宅ローンの残債務が残っている状況で、不動産を売却する際に不動産の売却価格が残債務を下回っているにも関わらず、住宅ローン債権者(通常は銀行など)の同意を得て、売却を行なう不動産売却手続きのことです。

これって任意売却?

住宅ローンは残っているけれども、不動産を売却したら住宅ローンをすべて完済できる場合
→住宅ローン債権者の同意は必要ありませんので、任意売却ではありません。

住宅ローンを組んで住宅を購入したけれども、金額が少額であったため、住宅ローンを無担保で借りた場合で、残債務が残っている状況で、その不動産を売却したい場合
→不動産を売却する際に抵当権を抹消する必要がありませんので、任意売却とは言いません。

住宅ローンは完済したため、担保は付いていないが、税金を滞納しているため差押の登記が不動産についている場合
→売却する際に、差押を解除する必要がありますので、任意売却と同様の手続きが必要となります。

任意売却のメリットとリスク

任意売却のメリット(売主側)

競売にかかると新聞やインターネットに公告されて、自宅内部の写真を全国の人々に見られてしまうことになりますが、任意売却の場合には、秘密裏に売却ができます。

引っ越し費用をもらえる場合も多いため、売却後の生活をスムーズに始められます。

競売の場合には、落札した人がどのような方かわからないため、不安がありますが、任意売却の場合には買主があらかじめわかっているため、安心して売却できます。

任意売却のリスク(売主側)

売主側が売却価格を自由に決めるのではなく、債権者が最低価格を決めますので、物件によってはあまり安くならない場合があり、売却まで時間がかかる場合があります。

任意売却におけるとやま市民事務所の強み

安心編

司法書士と不動産会社を兼ねているので、売却から残債務の処理まで一貫して相談可能です。

当事務所では、お客様の意思を第一に考えております。
そのため、住宅ローンの返済ができないようになったお客様に対しても、初めから任意売却前提で話を進めるのではなく、お客様の状況に応じて、他の手続きも検討したうえで、任意売却の手続きに移る方法をとっております。

加えて、不動産会社で任意売却を行なった後に残債務が残ってしまった場合にも、引き続き司法書士の立場で残債務の処理、自己破産や個人再生のお手伝いを行なうことが可能です。

任意売却のご依頼の時点では、費用はかかりません

任意売却の場合には、費用がかかるのは、不動産が実際に売れた時ですので、任意売却のご依頼の時点では費用は必要ありません。

相談は無料です

任意売却のご相談も、借金のご相談もどちらも相談は完全無料です。
どうしたら良いのかわからないと考えておられるお客様も、相談だけでもお気軽にご相談ください。

便利編

相談は土日祝日、早朝夜間も可能です。

平日の昼には、仕事が忙しくて相談に行くことができないとおっしゃられるお客様が多くいらっしゃいますので、当事務所では、ご予約いただければ、土日祝日・早朝夜間にも相談が可能です。

任意売却のよくある質問

任意売却は所有者が自由に行なえますか?
自由勝手に行なうことはできません。
売却する価格は所有者が自由に決めることができますか?
債権者が決めますので、所有者が自由に決めることはできません。
任意売却で引っ越し代金は必ず負担してもらえますか?
負担してもらえることは多いですが、必ず負担してもらえるわけではありません。
任意売却後の残債務はどうなりますか?
残債務は残りますので、自己破産や個人再生などの手続きで債務を無くする必要があります。
親子間売買や親族間売買とはなんですか?
自分の自宅を親や親族に買ってもらって、自宅には自分が住み続ける方法です。
任意売却のための費用はいくら必要ですか?
任意売却の費用としては、売却ができた時の仲介手数料のみです。その仲介手数料も、不動産の売却代金からの負担となります。
任意売却はいつまで可能ですか?
法制度上は競売開札の前日まで任意売却は可能ですが。実質的には、競売に入ってしまうと、任意売却できない業者もありますので、住宅ローン債権者によって任意売却がいつまで可能かは異なります。

任意売却の流れ

任意売却の流れ

STEP1 お問い合わせ

お電話かメールにてお問い合わせください。任意売却は早ければ早い方が売却の成功する可能性が高くなります。競売にかかってしまったお客様に関しても、債権者によっては任意売却が可能な場合がありますので、一度ご相談いただければと思います。

STEP2 打ち合わせ

今後、自宅をどうしたいのかを中心に、打ち合わせを行なうことになります。自宅を残したい場合には、個人再生が利用できるのかを検討しますし、自宅を手放してでも、身軽な状態からやり直したい場合には、任意売却を行なって、残債務を自己破産にて免責する手続きをご紹介します。いずれの場合にも、お客様の意思が大切になってきますので、じっくりと打ち合わせを行なうことになります。

STEP3 媒介契約の締結

上記打ち合わせにおいて、任意売却を行なうことを決意なさったお客様との間で当事務所の代表が兼務します、不動産会社と任意売却に関する媒介契約を結ぶことになります。不動産の媒介契約には、一般媒介・専任媒介・専属専任媒介の契約がありますが、当社での任意売却の場合には、住宅ローン債権者との窓口となるという、特性上専属専任媒介での媒介契約のみお受けしております。窓口が複数となった場合には、後々の手続きがうまくいかない可能性が生じるためです。

STEP4 債権者との協議

住宅ローン債権者に任意売却についての打診を行ないます。抵当権を抹消するための金額(不動産の売買価格)を聞くことになりますが、銀行が債権者の段階では多くの場合、残債務全額でなければ、抵当権抹消はできないと言うことが多いです。その場合には、債権が銀行から保証会社(もしくは債権回収会社)に譲渡されることを待つ場合もあります。

STEP5 購入希望者の募集

任意売却の不動産を売却するために、広く購入希望者の募集活動を行ないます。多くの場合には、この段階で引っ越しを行なう方が、売却できる可能性は高くなります。

STEP6 購入希望者との間での売買契約の締結

購入希望者が見つかったならば、購入希望者との間で売買契約を締結することになります。

STEP7 所有権移転登記・残債務の確定

売買代金の決済と所有権移転登記を行なうことになります。当事務所が責任をもって、所有権移転登記を行ないます。様々な費用を控除した後に、住宅ローンの残債務が確定することになります。

STEP8 住宅ローンに関する残債務についての債務整理

住宅ローンの残債務が確定しますので、その債務に関して債務整理を行ないます。多くの場合、支払うことができないくらいの債務が残りますので、自己破産申し立てを行なうことになりますが、当事務所でそのまま自己破産の書類作成のお手伝いを行なうことができます。

問い合わせフォーム

事務所地図