任意売却と競売の比較

  任意売却 競売
売却価格 相場の9割程度の価格で売却できる場合が多いです。 相場の5割から7割程度からの入札価格ですので、安い場合には、相場の半額程度でしか売却できない場合があります。
売却費用 宅建業法で決められた上限があります。
一例をあげると500万円の不動産の場合・・・21万円(消費税別途)が上限です。
70万円から100万円を超える金額の競売申立費用を債権者が予納しています。
最終的には債務者が負担することになりますので、売却費用として予納金もかかっていると考えるべきです。
引っ越し費用 通常、購入者から引っ越し費用も出してもらえますので、無理なく引っ越すことができます。 競売後、落札者が引っ越し費用を出してくれる場合もありますが、裁判所による引渡命令などの場合には引っ越し費用はでません。
プライバシーの観点 内々で購入者を探すことも可能ですので、近所や親類に知られずに任意売却を行なうことが可能です。 競売の公告は新聞に掲載されます。
インターネットには自宅内部の写真が掲載されます。
一度インターネットに載った写真は、競売不動産を扱う業者のサーバーに残りますので永遠に消えることはありません。