本文へスキップ

司法書士とやま市民事務所は払い終えた業者の場合、基本報酬0円!

TEL. 0120-987-501

〒939-2251 富山県富山市下大久保1512番地

トップページ >> 過払い金返還請求の流れ

過払い金返還請求の流れ

イメージ図

詳しい流れ

@ご相談前

「過払い金を取り戻したい」と思い立ったところで、何をしたらよいのかわからない方がほとんどでしょう。

最近、東京の弁護士や司法書士のチラシが毎週のように入っているけど、何だろう・・・
自分が数年前に返し終わった借金も「過払い金」ってあるのかなぁ
弁護士事務所や司法書士事務所は敷居が高くて行きにくいな。
富山市の司法書士は不祥事で新聞によく載っているから関わりたくないな・・・
そのように感じる方も多いでしょう。
しかし時間が経つにつれて過払い金は取り戻しにくくなります。
過払い金の可能性がある方は、ぜひ一度無料相談においでください。

Aご相談のご予約(メールか電話でのお問い合わせ)

過払い金返還請求に関するご相談でしたら、どのような些細な事でもお気軽にお問い合わせください。
メールか電話どちらからでも可能です。

Bご面談

お客様のご都合の良い時間に直接面ご面談させていただき、手続きや今後の流れをご説明いたします。
ご理解・ご納得いただけるまでご説明いたしますので、わからない点がありましたらどのような点でもお聞きください。

Cご契約

ご面談後、ご納得いただけましたら過払い金返還請求に関してのご契約となります。
当方からご契約を迫ったり、脅したりするということは絶対にありません。
お客様がご納得の上ご契約いただけますようお願いしております。

D取引履歴の開示請求

ここからは当事務所と金融業者とのやりとりになります。
お客様の手をわずらわせることはありません。

当事務所から相手方金融業者に対して、お客様から過払い金返還請求の依頼を受けた通知とと、今までの取引履歴の開示請求を行ないます。

E利息制限法に基づく計算(中間結果報告)

ほとんどの金融業者は約定利息での金利計算に基づいて取引履歴を開示してきますので、当事務所にて利息制限法に基づく計算を行ないます。
そうすると、いくら過払い金があるかが判明することになりますので、お客様に中間結果報告としてどのくらい過払い金があったかを報告します。

F金融業者に対する請求

ほとんどの金融業者は過払い金を自ら進んで返してはくれませんので、こちらから過払い金返還請求をすることになります。
普通は受け取り過ぎたお金は、自ら返すのが一般的だとは思うのですが。。。

G金融業者との交渉・裁判

任意での過払い金返還交渉の場合と、裁判での裁判費用等を比較し、実際にお客様にお返しできる金額とお返しできる時期をご説明します。
そのうえで、お客様のご希望に沿った形での過払い金返還を行ないます。

一般的に任意での和解の場合は過払い金は少なく早く戻ってきます。裁判では多く遅く戻ってきます。
どちらをお選びになるかはお客様次第です。

H金融業者からの返金

和解内容、もしくは裁判の結果に基づいて金融業者から実際に過払い金が返金されます。

※その他わからない点や詳しく聞きたい点があれば、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら





バナースペース

司法書士とやま市民事務所

〒939-2251
富山県富山市下大久保1512番地

TEL 0120-987-501
MAIL office@toyama-simin.com

関連サイト