本文へスキップ

富山で成年後見の相談をするなら司法書士とやま市民事務所へ

TEL. 076-467-5525

〒939-2251 富山県富山市下大久保3260番地

トップページ >> 具体例

具体例

成年後見制度を使ってよかったという具体例を取り上げます。
ご参考になれば幸いです。

1.一人暮らしの精神障がい者

精神障がい者だったAさんは、離婚し子供もいませんでした。
親族も近くにおらず、金銭管理ができないので、専門職の成年後見人が選任されました。
現在は専門職の成年後見人が金銭管理や福祉が受けられるような手配をしています。

2.結婚している精神障がい者

精神障がい者のBさんは、精神障がい者の妻がおり、親族が近くにいません。
周りと金銭トラブルを抱えており、社会福祉協議会から成年後見の申立てがなされました。
現在は専門職の成年後見人が金銭管理を行っています。

3.認知症になった被後見人

Cさんは任意後見契約を結び、認知症になる前に親族の後見人を選任していました。
認知症になってからは、親族が後見人をし、専門職が後見監督をしています。



> お問い合わせはこちら