本文へスキップ

「富山で債務整理」は司法書士とやま市民事務所が運営する債務整理情報提供サイトです。依頼して請求・督促をストップしましょう

TEL. 0120-987-501

〒939-2251 富山県富山市下大久保1512番地

トップページ >> よくある質問

よくある質問Q&A

債務整理をすると貸金業者から嫌がらせされませんか?

 債務整理をしても、貸金業者から嫌がらせをされることはありません。
 むしろ、司法書士が貸金業者に対して受任通知を送付すると、貸金業者からの請求や督促が禁止されますので、貸金業者からの請求・督促がストップして精神的に落ち着くことができます。
詳しくはこちら

債務整理をすると、借金があることが勤務先にばれてしまわないですか?

  • 任意整理では、勤務先に借金があることが知られるということは通常ありません。
  • 自己破産や個人再生では、官報に掲載されますので、絶対に知られないということは保証できません。加えて、裁判所に提出する時点での退職金がいくらになるのか、退職金が無い場合にはその旨を勤務先に書いてもらわなければなりません。(退職金計算ができる場合にはその退職金規定で足りる場合があります。)
  • むしろ債務整理を行なわずに支払いをしないまま借金を放置していた場合、勤務先にまで取り立てが及んだり、債務名義(通常は判決など)を取られている場合には給与の差し押さえがされる等によって、勤務先に借金のことが知られてしまいます。そのような事態を避けるためにも、債務整理に関するご相談はお早めになさってください。

債務整理をすると自動車を手放さなければなりませんか?

  • 任意整理では、自動車ローンに関して債務整理をしない場合には自動車を手放す必要はありません。
  • 自己破産では、自動車を売却して債権者に対する配当を行なう事が原則ですが、年式が古い場合など無価値な自動車の場合など、持ち続けることができることもあります。
  • 個人再生では、自動車は財産となりますがその分を弁済して持ち続けることができる場合があります。年式が古いなどの場合も持ち続けることができます。

詳しくはこちら

債務整理をすると自宅を手放さなければなりませんか?

  • 任意整理では、基本的に自宅を手放す必要はありません。
  • 自己破産では、基本的に自宅を売却する必要があります。
  • 個人再生では、住宅資金特別条項を用いる場合は自宅を手放さずに債務の大幅な圧縮を行なえます。そのため個人再生を行なう事の出来る方には、個人再生を積極的にオススメしております。

詳しくはこちら

減額報酬とはなんですか?

 減額報酬とは、一部の弁護士・司法書士事務所で採用されている報酬形態で、減額できた場合の成功報酬のことをいう場合が多いです。

 当事務所では減額報酬はいただいておりません。

 お客様に対しても、債務整理を依頼する場合には、減額報酬がかからない事務所に依頼されることをオススメしております。
詳しくはこちら


お問い合わせはこちら


バナースペース

司法書士とやま市民事務所

〒939-2251
富山県富山市下大久保1512番地

TEL 0120-987-501
MAIL office@toyama-simin.com

アクセスマップへ