本文へスキップ

「富山で債務整理」は司法書士とやま市民事務所が運営する債務整理情報提供サイトです。依頼して請求・督促をストップしましょう

TEL. 0120-987-501

〒939-2251 富山県富山市下大久保1512番地

トップページ >> 携帯電話料金の債務整理

携帯電話料金の債務整理

 近年は携帯電話の通信料金や、端末を分割で購入した際の残金が支払えなくなってしまったと相談に来られるお客様がいらっしゃいます。
 最近のスマホの端末代金は高額になっておりますので、分割で支払う契約にして通信料とともに支払うかたちにしている方が多いです。
 簡単に契約をすることができますが、それだけに支払えなくなったと相談に来られるお客様がたくさんいらっしゃいます。
 支払えないと思われたお客様は、ぜひご相談ください。

携帯電話会社は訴えてきます

 滞納の金額が少額であったとしても、携帯電話会社は支払い督促という形式の裁判手続きを使って滞納している金額を請求してきます。
 支払い督促の場合には、債務者側が何も対応をしないでいると債務名義という形になり財産や給料を差し押さえられます。
 働いていない方で差し押さえるものが何もない場合でも、将来働きたいと思ったときに困ることになりますので、支払い督促が届いたらすぐにご相談ください。

ブラックリストに載ります

 通信料金や携帯端末の分割料金を3ヶ月以上滞納してしまうと、信用情報機関に事故情報登録されます。俗にいう、ブラックリストに載ってしまうことになります。
 消費者金融からの借り入れに比べて少額な通信料金や携帯端末の分割料金ですが、ブラックリストに載ってしまった場合、将来住宅ローンや自動車ローンを申し込んだ際に審査に通らないなどの不利益を被る可能性がありますので注意が必要です。

支払い方法によって異なる債務整理方法

携帯代金とともに携帯端末料金を支払う場合

 NTTファイナンスによる請求やauまとめて請求、ソフトバンクまとめて支払い等といった方法で、携帯代金とともに携帯端末料金の支払いを行なっている場合には、携帯料金も含めて債務整理を行なうことになります。
 携帯電話が使えなくなる場合もあるので、別会社での携帯電話の契約を行なうことが必要になります。

クレジットカード払いの場合

 クレジットカードによって携帯端末を購入していた場合には、通常の債務整理と同様クレジットカード会社に対して債務整理を行なうことになります。

サラ金からお金を借りて課金した場合

 サラ金業者からお金を借りて携帯端末を購入していた場合には、通常の債務整理と同様サラ金業者に対して債務整理を行なうことになります。

各種手続きと携帯電話料金

任意整理

 任意整理は、携帯電話料金(通信料や携帯端末料金)を分割で支払う和解を結ぶことになります。
 クレジットカードの場合には「後からリボ」などの契約をすることもできますが、高い利息のかかる「後からリボ」とは異なり将来利息のかからないよう和解を結びますので、早く債務が無くなることになります。

個人再生

 個人再生は、数百万円に膨らんだ借金を大幅に減額したうえで減額した金額を3年間の分割で支払う手続きです。
 個人再生は、自己破産における免責不許可事由のような制度はありませんので、携帯端末料金による借金の場合には利用しやすい制度となっています。
 他の借金も含めて借金額が膨大に膨らんだ場合には、利用を検討してみる価値があります。

自己破産

 自己破産は、支払い不能状態の方が利用する手続きとなりますので、数百万円の借金の場合には利用しないことが多いです。
 それでも、通信料が数百万円に膨らんだ場合や、他の借金が膨大な金額に膨らんでしまった場合には自己破産の手続きを考える必要があるかもしれません。お早めにご相談ください。


お問い合わせはこちら


バナースペース

司法書士とやま市民事務所

〒939-2251
富山県富山市下大久保1512番地

TEL 0120-987-501
MAIL office@toyama-simin.com

アクセスマップへ