本文へスキップ

相続放棄−富山事務所−は、司法書士が手続きの全般を支援いたします。

0120-987-501

よくある質問Q&A

相続放棄のトップページ >> 相続放棄のよくある質問

相続放棄のよくある質問

相続放棄の仕方に関して

Q1.相続放棄はいつまでにしなければならないのですか?

A.相続放棄は自分が相続人だと知ってから3ヶ月以内にしなければなりません。
  ただし、3ヶ月の期間が経過した後でも相続放棄できる場合があります。
  詳しくはこちらをどうぞ→

Q2.相続放棄したら債権者に嫌がらせをされませんか?

A.相続放棄は相続人の権利ですので、堂々と相続放棄を行なう事ができます。
  仮に債権者から嫌がらせ等を受けた場合には、行政処分の申立てなどを検討することができますので、ご安心ください。

Q3.財産を放棄してほしいと言われて、「遺産分割協議書」と題する書類にハンコを押したのですが…

A.お客様の行なったのは、おそらく遺産分割協議ですので、借金があった場合には、その借金を相続分に応じて支払う義務があります。
  相続放棄は家庭裁判所を通さなければできませんので、ご注意ください。


相続放棄の効果に関して

Q4.相続放棄するとどうなるのですか?

A.相続人が相続放棄すると初めから相続人ではなかったことになります。

Q5.子供が全員相続放棄するとどうなりますか?

A.第1順位の相続人である子供が全員相続放棄した場合には、第2順位の相続人である親などの尊属が相続人としての権利(義務も含む)を取得することになります。
  親が亡くなっている場合には、第3順位の相続人である兄弟姉妹に相続人としての権利(義務も含む)が移動することになります。

Q6.相続放棄を撤回できますか?

A.相続放棄を撤回することはできません。 →詳しい内容はこちらをご覧ください

Q7.騙されて相続放棄をしてしまった場合

A.民法の規定に基づいて相続放棄の取消しを行なうことになります。 →詳しい内容はこちらをご覧ください