本文へスキップ

相続放棄−富山事務所−は、司法書士が手続きの全般を支援いたします。

0120-987-501

相続放棄を撤回できますか?TEKKAI

相続放棄のトップページ >> 相続放棄を撤回できますか?

相続放棄は撤回できない

相続放棄は家庭裁判所に受理されてしまうと撤回することができません。
その点が、民法919条1項に「相続の承認及び放棄は、第915条第1項の期間内でも、撤回することができない。」と規定されています。
つまり、被相続人の方が亡くなった後3ヶ月以内の相続の熟慮期間内であったとしても、相続放棄の申述をして、受理がされた後は撤回できないということです。

家庭裁判所に受理される前なら、取り下げることができる

上記に対して、相続放棄の申述を行なった後でも、相続放棄が受理される前であれば、相続放棄の申述を取り下げることができます。
すなわち、相続放棄をすることを考え直す最後のチャンスは、家庭裁判所に受理される時点ということができます。

これに対して、相続放棄の取消しや無効の場合には後からでも相続放棄の効果を覆すことができます。

しかし、取消しや無効を主張するにはそれなりの原因が必要なので、当事務所では相続放棄を行なう際には、しっかりとメリット・デメリットを考えてから行なうことをオススメしております。