本文へスキップ

相続放棄−富山事務所−は、司法書士が手続きの全般を支援いたします。

0120-987-501

3ヶ月の期間経過後の相続放棄

相続放棄のトップページ >> 3ヶ月の期間経過後の相続放棄

相続放棄を行うことができる期間は、法律で「相続開始を知った時から3ヶ月以内」と決まっています。

しかし相続が開始してから3ヶ月経過した後でも相続放棄できる場合があるのです。

借金があることを知らなかった場合には、相続放棄できる場合があります

相続開始を知った時から3ヶ月以内に相続放棄をするかどうかを決めなければならない。
この相続開始を知った時とは、いつのことを指しているのでしょうか?
通常であれば、財産や借金を持っている方(被相続人)が亡くなられた時のことです。
しかし、最高裁の判例では「熟慮期間について相続人が相続財産の全部もしくは一部の存在を認識した時又は通常これを認識しうべかりし時から起算するのが相当」な場合もあると述べています。
つまり、被相続人が亡くなってから3ヶ月経過した後でも、相続放棄できる場合があるということです。

こんな場合は相続放棄できる場合があります

@ 借金があることを知らなかった場合

事例・・・父親が亡くなってから5ヶ月たったところで、初めて債権者からの通知が来て借金があることが判明した場合には、その借金の存在を知った時から3ヶ月以内であれば相続放棄できる場合があります。

A 保証人であることを知らなかった

事例・・・父親が亡くなって3年経過したところで、銀行から父親が保証人として負った債務があるので支払ってくださいと連絡があった場合、亡くなった父親が保証人であることを、その時に初めて知ったという場合には相続放棄できる場合があります。

B 父親が亡くなった事を知らなかった

事例・・・両親が離婚して母親に引き取られて育ってきたが、最近になって2年前に父親が亡くなっていたことが判明した。父親は多額の借金を抱えていたらしい場合には。父親が亡くなったことを知ってから3ヶ月以内であれば相続放棄できる場合があります。

こんな場合は相続放棄は難しい

@ 遺産分割協議で不動産を取得し、登記も完了している

遺産分割協議を行うことによって、法定単純承認したと考えられますし、相続登記を行うことによってそのことが公に示されていますので、相続放棄は難しいと考えられます。

A 父親が保証人であることを薄々気付いていた

保証債務も相続債務であるため、相続の段階で亡くなられた方が保証債務を追っていることを予想できたのであれば、相続放棄は難しいと考えられます。

※状況や場面によって、3ヶ月の期間経過後であっても相続放棄が認められる場合もあれば、認められない場合もあります。
 さらにはどのような状況であったとしても、家庭裁判所の判断次第といったことも考えられます。