本文へスキップ

相続放棄−富山事務所−は、司法書士が手続きの全般を支援いたします。

0120-987-501

相続放棄と不動産登記touki

相続放棄のトップページ >> 相続放棄と不動産登記

1 @相続放棄を行なった後に、A他の相続人が相続の不動産登記を行なう場合

相続放棄をした方は、初めから相続人とはならなかったものとみなされます。
そのため、相続人中に相続放棄を行なっていない相続人がいる場合には、その相続人だけが相続財産である不動産を取得することになり、相続を原因とする不動産登記を行なうことになりますます。

しかし、戸籍を見ても相続人が相続放棄を行なったかどうかは確認できないため、相続人が相続放棄を行なった証明をしなくてはなりません。
その証明書が、下記に述べる「相続放棄申述受理証明書」です。

2 @法定相続分での登記を行なった後に、A相続人中の一部が相続放棄を行なった場合

法定相続分での相続登記は共同相続人の一人からできますし、共同相続人の債権者が債権者代位として、法定相続分での相続登記を行なう場合があります。
その後、相続人の一部が相続放棄を行なった場合には、相続放棄をした方は、初めから相続人とはならなかったものとみなされますので、実態は相続登記が初めから間違っていた誤っていたことになります。

登記が初めから誤っていた場合ですので、更正登記を行なうように感じられる方もいるかもしれませんが、この場合には「相続の放棄」を登記原因として、相続放棄を行なった方から、相続放棄を行なっていない方への持分全部移転登記を行なうことになります。

3 「相続放棄申述受理証明書」の添付が必要

相続放棄をしても、その方の戸籍などには記載されませんので、その相続人が相続放棄を行なったことを証明する必要がでてきます。
そのため上記1、2の場合のいずれの場合でも、不動産登記を行なう場合には相続放棄をしたことの証明書を添付する必要があります。
その証明書が「相続放棄申述受理証明書」です。

注意していただきたいのは、相続放棄の申述が受理されると裁判所から「相続放棄申述受理通知書」が送付されてきますが、不動産登記で必要なのは「相続放棄申述受理証明書」です。

証明書は交付申請をしなければもらえませんので、ご自身で取得する必要があります。