本文へスキップ

相続放棄−富山事務所−は、司法書士が手続きの全般を支援いたします。

0120-987-501

相続放棄の効力KOURYOKU

相続放棄のトップページ >> 相続放棄の効力

相続放棄を行なったことによる効果

相続放棄を行なうことによって、その相続人は初めから相続人とはならなかったものとして取り扱われます。

対抗要件は不要

「相続放棄の効力は絶対的で、何人に対しても、登記等なくしてその効力を生ずる」といった判例があります。
そのため相続放棄に対抗要件は不要です。

相続開始前に相続放棄はできません

相続放棄は相続が開始した後に行なうものであるため、相続開始前(相続される方が亡くなる前)は相続放棄を行なうことができません。

加えて、相続開始前に相続権の放棄に関する契約を行なったとしても、法律上何の効力も生じません。

亡くなる方が相続放棄を禁止することはできない

遺言で相続放棄が禁じられているとしても、その遺言に拘束力はありませんので、相続人の方は相続放棄を行なうことができます。