本文へスキップ

相続放棄−富山事務所−は、司法書士が手続きの全般を支援いたします。

0120-987-501

相続放棄後の管理KANRI

相続放棄のトップページ >> 相続放棄後の管理

@ 相続財産の管理

相続人は、相続の承認か放棄のどちらをするかを決める熟慮の期間中「自己の固有の財産におけると同一の注意をもって」相続財産を管理するべき義務があります。
この意味は相続人の固有の財産とは区別して相続財産を自分の財産と同じくらいの注意を払って管理するべきであるという意味です。

A 相続人が相続放棄を行なって、次順位の相続人がいる場合

相続人が相続放棄を行なうと、その相続人は初めから相続人とはならなかったものとみなされますが、その後は他の相続人や次順位の相続人が相続財産の管理を開始して始めて、相続放棄した相続人の上記@の管理義務が消滅することになります。

B 全ての相続人が相続放棄を行なって、相続人がいなくなった場合

借金が多額にのぼる場合など、第3順位の相続人(兄弟姉妹やおいやめい)なども全てが相続放棄を行ない、相続人がいなくなった場合には、管理を引き継ぐ者がいないことになりますが、その第3順位の相続人の上記@の管理義務はいつ消滅するのでしょうか。

それは、「相続人のあることが明らかでないとき」に該当しますので、家庭裁判所で「相続財産管理人」の選任をしてもらって、その相続財産管理人に管理を引き継ぐまで続くものと考えられています。

相続放棄を行なった相続人は初めから相続人とはならなかったものとみなされますが、利害関係人として、相続財産管理人の選任申立てを行なうことができると考えられています。

C 相続財産の管理とは

相続放棄を行なった相続人は初めから相続人とはならなかったものとみなされますので、相続財産を引き継ぐまで行なうことができる管理とは、保存、利用、改良行為に限られ、処分行為を行なうことはできません。