本文へスキップ

相続放棄−富山事務所−は、司法書士が手続きの全般を支援いたします。

0120-987-501

代襲相続と相続放棄

相続放棄のトップページ >> 代襲相続と相続放棄

代襲相続とは

代襲相続とは親・子・孫がいるような場合に子が先に死亡していたような場合に孫が子の代わりに親の財産を相続することを言います。

代襲相続のイメージ図

代襲相続のイメージ図

※条文・・・民法887条2項
被相続人の子が、相続の開始以前に死亡したとき、又は第891条の規定に該当し、若しくは廃除によって、その相続権を失ったときは、その者の子がこれを代襲して相続人となる。ただし、被相続人の直系卑属でない者は、この限りでない。

代襲相続が発生する原因

  • 死亡
  • 相続人の欠格事由
  • 廃除

※相続放棄をした相続人は、初めから相続人ではなかったことになるので、代襲相続の原因にはなりません。

相続放棄との関係

代襲相続人も相続人であることに代わりないので、債務が多額であるなど、相続したくない場合には相続放棄を行なう必要があります。

相続放棄を行なう期間

通常の相続放棄と同様。
自分が相続人であることを知ってから3ヶ月以内に相続放棄を行なわなければなりません。
特別の事情が無ければ、おじいちゃんが亡くなってから3ヶ月以内に行なう必要があります。

※3ヶ月の期間経過後でも相続放棄できる場合があります。

期間経過後の相続放棄期間経過後の相続放棄をご覧ください。