本文へスキップ

「富山で債務整理」は司法書士とやま市民事務所が運営する債務整理情報提供サイトです。依頼して請求・督促をストップしましょう

TEL. 0120-987-501

〒939-2251 富山県富山市下大久保1512番地

トップページ >> 自動車ローンと債務整理

自動車ローンと債務整理

 自動車ローンを抱えているお客様の中には、債務整理を行なうと自動車を手放さなければならないと考えて、債務整理を行なう事を躊躇される方がおられます。

所有権留保特約

 通常、自動車ローンの契約書には、「所有権留保」特約という条項が記載されています。自動車ローンを払い終えるまでは、所有権が自動車販売会社か自動車ローンの信販会社がもっていることになります。
 そのため、自動車ローンの債権者に債務整理の通知を出すと、自動車を回収しますので返却してください、と連絡が入ります。

自動車の売却

 自動車が信販会社などに回収されて売却された場合、売却代金(回収費用などを引いた額)を返しても自動車の購入代金債務を返し終えることができない場合には、その残額に関して債務整理を行ないます。

同じ債権者に自動車ローンと他のローンの両方が存在する場合

 自動車ローンは普通に支払い、他のローンだけ債務整理の対象とすることができるかに関しては、債権者によって異なります。
 信販会社の中には、債務整理の通知を受けても、自動車ローンに関しては対象とすることなく、従来通りの支払いを続けることができることもあります。

各種手続きと自動車ローン

任意整理

 任意整理は、どの債権者に属する債務を債務整理の対象とするか選べるので、自動車ローンだけ債務整理の対象から除外することが可能です。

個人再生

 個人再生は、すべての債権者に属する債務が対象となります。原則的には自動車が回収された後、債務が残るようであればその残債務額に関して再生計画に基づいて減額されることになります。

自己破産

 自己破産は、すべての債権者に属する債務が対象となります。原則的には自動車が回収された後、債務が残るようであればその残債務額に関して免責を求めていくことになります。


お問い合わせはこちら


バナースペース

司法書士とやま市民事務所

〒939-2251
富山県富山市下大久保1512番地

TEL 0120-987-501
MAIL office@toyama-simin.com

アクセスマップへ