本文へスキップ

「富山で債務整理」は司法書士とやま市民事務所が運営する債務整理情報提供サイトです。依頼して請求・督促をストップしましょう

TEL. 0120-987-501

〒939-2251 富山県富山市下大久保1512番地

トップページ >> 生活再建に向けて

生活再建に向けて

 司法書士・弁護士が介入し債務整理が成功したとしても、今までの生活態度を改めなければ、また借金を重ねて生活が苦しくなります。当事務所へご相談に来られる方でもそのような方が少数ながらおられます。
 当事務所は債務整理を行なうことが目的ではなく、お客様が借金生活から抜け出して「生活再建」を果たすことが重要だと考えています。

 そのため、生活を再建させるためにできることを記載します。
 債務整理を行なう予定の無い方も参考にしていただければと思います。

節約する

購入する前に、それが本当に必要な物かどうか考える

 購入してみたものの1度か2度使ってクローゼットや倉庫にしまってしまったという経験は誰でもあると思います。
 衝動買いをすることなく、よく考えてみたら必要がないものだったということも多くあります。

必要な物でも中古品を購入したりレンタル・シェアを検討する

 たいていの場合、新品より中古品のほうが安く購入できますし、あまり使用頻度が高くないものであればレンタルやシェアの利用で十分と感じられるかもしれません。例えば、カーシェアの利用は広がりつつあります。
 物は所有ではなく使用が目的です。節約できた差額は預金してください。

エアコンや暖房の使用を控える

 無理な節約は身体に良くありませんが、エアコンや暖房費が光熱費に占める割合は少なくありません。
 例として最近では室内で着られるような薄いダウンジャケットが販売されていますので、そのような服を1枚上に羽織り暖房の使用を最低限に抑えるなら、家計だけでなく地球にも優しい行動につながります。

上手に返済をする

 クレジットカードの分割払いやローンの支払いに充てることができる金額について、今までより多くの金額を充てることができないかを考えてみましょう。多く返済した分だけ支払うべき利息が少額で済むことになります。

 負債は金利の高い借り入れから返済してください。
 借入先や商品によって金利は様々です。その中で金利の高いところから返済することによって支払うべき利息を抑えることができます。

お金を管理する

家族で予算を立てる

 予算を立てる際には家族全員で行なうなら無理のない予算を立てることができます。
 子供を含めた全員が協力することで、節約意識を高めることができます。

家計簿をつける

 100円単位、1000円単位でも構いませんので家計簿をつけましょう。
 パソコン・スマートフォン・クラウド上・ノート等、家計簿をつける様々な方法がありますが、どの方法でもご自身にあった方法で構いません。
 大切なのは続けることですので、手に取りやすいものがいいかもしれません。最近ではスマホのアプリでレシートを写真にとるという方法もあるようです。
 家計簿を毎日つけることで、必要のないものに浪費していないかを把握できます。

 債務整理とは異なった切り口で記載してきましたが、生活再建には必要なことですので、参考にしていただければ幸いです。


お問い合わせはこちら


バナースペース

司法書士とやま市民事務所

〒939-2251
富山県富山市下大久保1512番地

TEL 0120-987-501
MAIL office@toyama-simin.com

アクセスマップへ