本文へスキップ

「富山で相続登記」で遺産の悩みを解決しましょう。相談無料!明朗会計!司法書士とやま市民事務所

TEL. 0120-987-501

〒939-2251 富山県富山市下大久保1512番地

トップページ >> 相続放棄

相続放棄INHERITANCE ABANDONMENT

相続したくない場合には相続放棄を考慮してください。

 亡くなられた方が借金を残していた場合、その債務も相続の対象になります。

相続放棄の特徴

裁判所に相続放棄の申述をする

 遺産分割協議の場面で便宜上、「相続財産を放棄する」という表現を使うことがありますが、債務を相続したくない場合には家庭裁判所に申し立てる必要があります。


基本的に相続開始後3ヶ月以内に相続放棄しなければならない

 自分が相続人だと知ってから3ヶ月を経過すると、単純承認したものとみなされ相続したことになります。ただし、3ヶ月経過後に借金が見つかったなどの理由がある場合には相続放棄できることもありますので、すぐにあきらめずにお問い合わせください。
相続開始から3ヶ月経過後の相続放棄についてはこちら


債務のみの相続放棄はできないので、預貯金等の財産も放棄することとなる

 条文では「相続の放棄をした者は、その相続に関しては、初めから相続人とならなかったものとみなす」となっていますので、相続人ではないのであれば、プラスの財産もマイナスの財産も相続できない(する必要がない)ことになります。

 当事務所では相続放棄に関する書類の作成を行なっております。

 加えて、相続放棄を行なう前に、その債務が本当に借金なのかを調べてから相続放棄を行なう手続きに入ります。

 残念ながら家庭裁判所に直接行って、相続放棄の手続きを行なった場合、裁判所の職員はその債務が本当に債務だけなのか、過払いではないのかといった情報は教えてはくれません。少しでも気にかかるお客様は、当事務所に一度ご相談いただけますと助けになるかもしれません。

 もちろん、相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら


具体例

借金だけだと思っていたら、過払い金が返ってきた

 サラ金業者等4社から借りた、200万円の借金を残して亡くなられた方の相続放棄をしたいと来所なさったお客様がご依頼くださいました。契約期間や業者名を聞いたところ、本当に借金が残っているのか疑問に思ったため、相続放棄期間伸長の申し立てを行なうと同時に、貸金業者に対して取引履歴の開示を求め、利息制限法に基づく計算をしました。すると、債務が残るどころか2000万円の過払いが発生していたという事案がありました。それによって借金を払う必要はなくなりました。


調べてみたら、借金がたくさんあった

 8社400万円の借金が残っていると思って来所なさったお客様がいらっしゃいました。取引履歴の取り寄せに加えて信用情報の取り寄せも行なったところ、1400万円の借金が判明しました。その後、次順位相続人を含めてしっかりと相続放棄を行ない、相続人が借金を相続することはなくなりました。


詳しい相続放棄の説明はこちら

お問い合わせはこちら



バナースペース